旅行は最高マックス

人気記事ランキング

ホーム > 外壁塗装 > 外壁塗装をいつやるべきか

外壁塗装をいつやるべきか

外壁塗装は、10年に一度の周期で行う必要があります。そのままにしてしまうと塗装が劣化して、家自体も傷んでしまいます。ですが、10年というのは目安でしかなく、周囲の環境や塗装の種類によっても、耐久年数は変わります。では、外壁塗装の塗り替えは、いつ行えばいいのでしょうか。塗装の劣化は、ある程度見た目でわかります。まずは、ひび割れがないか、色あせていないか、確認しましょう。また、黴や苔がひどい場合にも、注意が必要です。あとは、手で触ってみるとよいでしょう。白い粉が手についた場合は、塗装がひどく劣化しています。日あたりや環境によって壁の劣化具合は異なるので、家全体を確認してください。劣化がひどい場合は、なるべく早く業者を呼びましょう。外壁塗装が必要かわからない場合は、業者さんに見てもらってください。見積もりだけならば、無料で行うことができます。家を長持ちさせるためは、定期的な外壁塗装が必要です。丁度いいタイミングで、行うようにしましょう。

エース・リフォームの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?